菅野美穂 働きマンに変身




働きマン<10月10日放送スタート>
毎週水曜 夜10:00〜10:54放送(初回のみ10:00〜11:09)

日本テレビ系ドラマ「働きマン」の制作発表が、東京汐留の同局で行われました。
主演の菅野美穂(30)、速水もこみち(23)、平山あや(23)、沢村一樹(40)らが出席しました。

この働きマンは、「ハッピー・マニア」や、2007年に映画化された「さくらん」の原作者、安野モヨコさんの連載中人気コミックです。
昨年10月にフジテレビでアニメ化され、深夜枠ながら平均視聴率4.0%という高視聴率を獲得しました。

菅野演じる主人公の松方弘子は、週刊「JIDAI」編集部の女性編集者。
28歳、独身、元巨乳。
「男スイッチ」が入ると、寝食も忘れバリバリ仕事に没頭する姿から「働きマン」と呼ばれています。
菅野美穂はもともと原作のファンでした。
髪を切って茶髪にし、その姿はまさに松方弘子そっくり。
髪型をまねるために、美容院に原作漫画を持ち込んだそうです。
主人公について、「腹の据わった女。自分の仕事に落とし前をつけるような仕事っぷりで、大した女だなと思う」と感心していました。

UVERworldがドラマ「働きマン」に新曲提供




UVERworldが、9枚目のシングル「浮世CROSSING」を11月14日にリリースすることを発表しました。

菅野美穂(30)主演の日テレ系ドラマ「働きマン」(10月10日水曜夜10時スタート)の主題歌を、5人組バンド・UVERworld(ウーバーワールド)が歌うことになりました。
「浮世CROSSING」です。
もともと原作漫画のファンだったボーカルのTAKUYA∞(27)が作詞を手がけました。
働く人への応援を込めた軽快なロックナンバーです。

UVERworld(ウーバーワールド)がドラマの主題歌を歌うのは去年の夏の「ダンドリ。」以来2度目になります。
「自分らしく生きる、働くとは何か。誰もが持つ迷いと葛藤を打ち砕くパワーのある楽曲」と、主演の菅野美穂もお気に入りのようです。

これまで、オリコンのシングル最高位が2位のUVERworldは「この曲で1位を獲る」と宣言しています。
“働きマン”になる決意をのぞかせていました。

働きマン アニメ情報




働きマン(はたらきまん)は、「ハッピー・マニア」「さくらん」「シュガシュガルーン」など、数々の人気作品を生んだ安野モヨコ先生の連載中の作品です。
2006年10月に、フジテレビ系列の深夜アニメ枠であるノイタミナ枠でアニメ化されました。

主人公の松方弘子は、出版社に勤務する週刊「JIDAI」編集部の女性編集者。
28歳独身で元巨乳。
恋人との関係で悩んでいようが、プライベートが犠牲になろうが、いざ仕事となると男スイッチが入ったかと思うほどの働きぶり。
ニックネームは“働きマン”。
「あたしは、仕事したなーって思って死にたい!」
ここまで仕事に対して情熱を持っている姿が、世の働く男女を中心に支持されています。

■書誌情報■
第1巻(2004年11月22日発行)
第2巻(2005年7月22日発行)
第3巻(2006年10月6日発行)
第4巻(2007年8月23日発行)

まだ完結してません。
アニメは、2006年10月から12月まで、全11話で放送されました。
ストーリーは3巻途中までの内容を元にしています。

■サブタイトル■
1話 女の働きマン
2話 張り込みマン
3話 ラーメンマン
4話 あやまりマン
5話 振り向きマン
6話 お姫さマン
7話 こだわりマン
8話 報われマン
9話 一人前の働きマン
10話 働かないマン
11話 それでも働きマン

■声優キャスト■
松方弘子・・・田中理恵
小林明久・・・うえだゆうじ
渚マユ・・・福圓美里
田中邦夫・・・保村真
成田君男・・・堀内賢雄
野川由実・・・宍戸留美
菅原文哉・・・中井和哉
山城新二・・・花輪英司
梅宮龍彦・・・西村知道
梶舞子・・・田中敦子

■主題歌■
オープニング・・・90年にリリースされたユニコーン『働く男』のカバーをPUFFYが歌う。
エンディング・・・チャットモンチーの『シャングリラ』

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。